タバコをやめようと思っている人はサイトを是非見て下さい。タバコを辞めることが出来ないのは我々の意思が弱いからなんかじゃない。ニコチンのせいなのです。そのニコチンとの戦いが今始まる。

タバコを吸っている女性
  • ホーム
  • 妊娠中に吸ったタバコによる胎児への影響

妊娠中に吸ったタバコによる胎児への影響

タバコは中毒性や有毒性が問題視されていますが、その悪影響は吸った本人だけに留まりません。
妊娠中の女性がタバコを吸えばお腹にいる胎児に様々な悪影響が及び、最悪の場合は胎児が亡くなったり流産してしまうリスクもあります。
ストレス発散のために妊娠中も吸い続ける女性がいますが、非常に恐ろしい結果を招くこともあるので絶対にタバコは控えるようにしましょう。

タバコには非常に多くの有害物質が含まれており、吸うことで体内にニコチンやタール、一酸化炭素などが蓄積してしまいます。
こういった物質は血管を収縮させて血流量を減少させる働きがあるため、胎児が必要とする栄養や酸素が行き届かなくなってしまいます。

胎児が育っている子宮の血行が悪くなると、胎盤が衰えて胎児を正常に育てることができません。
すると流産や死産の可能性が高まりますし、運良く成長を続けることができても発育に遅れが現れることが多いです。
具体的に言うと低体重や子宮内胎児発育遅延などによって生まれた後も感染症にかかりやすくなったり、乳幼児突然死症候群や呼吸窮迫症候群、動脈管開存症や無呼吸発作など様々な合併症が起きるリスクが高まります。

網膜にも異常が現れるため視力が著しく低下したり、内臓機能も不十分で強い黄疸が現れることもあります。
症状が重ければ集中治療室に何ヶ月も入院しなければならず、母子だけでなく家族にとっても大きな負担となるでしょう。

妊娠中や出産直後だけでなく、赤ちゃんが成長していく過程でも様々な影響があると考えられています。
妊娠中にタバコを吸っていた女性の子供を追跡調査すると、喫煙量や期間などに応じて体格や知能面で平均よりも低くなっていることも分かっています。
近年増加傾向にあるADHDなど、脳の発達障害を引き起こす原因になっているとも見られており、大切な子どもの人生そのものを狂わせかねません。
タバコは妊娠中に絶対に必要なものではないので、強い意志でタバコを断つことが必要です。

夫のタバコの副流煙は胎児に影響がない?

タバコに注意していれば良いのは妊娠中の女性だけかと思いがちですが、実は夫も油断してはいけません。
妊婦がタバコを我慢していても、すぐ傍で夫がタバコを吸えば副流煙が届いてしまうのでリスクに違いはありません。

タバコを吸うと先端から煙が出るのですが、これは副流煙と呼ばれる非常に危険な煙です。
副流煙の中には喫煙者が体内に吸い込むより遥かに多い有害物質が含まれており、副流煙を吸い込んでしまえば普通にタバコを吸う場合の2倍から3倍以上のニコチンを吸い込んでいます。

夫のタバコの副流煙を妊婦が吸い込んでしまえば、自分が吸う以上の有害物質を胎児に届けてしまうことになるため、大いに影響があると言えます。
副流煙の中の有害物質も、体内に入れば血流を悪化させて胎児の成長を邪魔してしまうため非常に危険です。
妊婦本人はもちろんのこと、一緒に暮らす夫も妻と胎児の健康を気遣って、タバコを控える必要があります。

夫がどうしてもタバコが止められない場合は、絶対に妊婦の傍で吸わず、ベランダや車の中など副流煙が届かない場所まで行って吸うようにしましょう。
とは言っても、最近は社会的にタバコに対する視線が厳しくなっているので、ベランダでも満足に吸えないことが多いです。
赤ちゃんが無事に生まれた後も正常な成長のためにはタバコを控える必要があるため、これを機に夫婦で禁煙するというのも一つの方法です。

タバコは依存性が高いので自分の意志で止めるのは難しいでしょうが、毎日のタバコが大切な我が子の将来を奪ってしまう可能性もあります。
自分のためではなく赤ちゃんのためであれば頑張れることも多いので、妊婦だけでなく夫も頑張って禁煙を目指してみてください。